二重整形を受ける上で確実に覚えておきたいポイント

ダウンタイム

目を閉じて微笑む女性

二重整形を受けるなら確実に知っておきたいものとして、”ダウンタイム”があります。ダウンタイムとは、身体が完全に回復するまでの期間のことを指しており、この期間はできる限り安静にしておく必要があります。
ダウンタイムでは、さまざまな症状が発生することがあります。例えば、患部に痛みを感じたり患部が腫れたり、内出血したりといったものがあります。ほかの部位に整形治療を施した場合もそうですが、まぶたはとくに腫れなどが起こりやすいといわれています。
どうして、そういった症状が発生してしまうのか。その理由は、傷付いた皮膚がその傷を回復させようと力を発揮させるためで、この力が影響して患部を腫らしてしまうのです。ほかの部位と比べて肌が敏感なまぶたは、その影響を受けやすいことから、腫れが発生しやすいのです。とはいえ心配する必要はなく、痛みや腫れ、内出血はやがて自然に収まっていきます。

ダウンタイムの長さは、利用する治療法によって異なります。二重整形の治療法として”埋没法”と”切開法”がありますが、埋没法の場合は3日間程度が一般的とされています。派手すぎるメイクは避けたほうが無難ですが、翌日からメイクを施すことも可能です。
対して切開法の場合は1~2週間程度が一般的とされています。さらに、この期間を過ぎてもしばらくは軽い腫れなどが続くこともあるため、1~2ヶ月程度は無理をしないよう心がけましょう。切開法の場合、治療から1週間後に抜糸を行います。抜糸が完了するまではメイクをすることもできないため、あらかじめ予定などを入れないようにしておくといいかもしれません。

腫れや内出血をより早く収めるためには、冷たいタオルを患部にあてるなどアフターケアを行うのがおすすめです。一時的に赤みが発生することもありますが、冷やすことで赤みを抑制することができます。

二重整形治療を行う美容外科を決める際、費用を重視して選ぶ人は多いのではないでしょうか。風邪やインフルエンザなどとは違い、整形治療の場合は保険が適用されません。さらにこれは自由診療であるため、美容外科によって費用額は異なります。そのため費用負担を減らそうと、少ない費用で治療を受けられる美容外科を選ぶ人もいます。しかしダウンタイム時のことや治療後のことを考えるなら、”アフターケアの有無”も考慮した上で美容外科選びを行うことがおすすめです。
美容外科のなかには、治療後のことも考えてアフターケアをしっかり用意しているところもあります。こういった美容外科なら、万が一トラブルなどが発生した場合も問題なく対応してもらえるため、より安心して治療に臨むことができるはずです。