二重整形を受ける上で確実に覚えておきたいポイント

自分のタイプを知る

笑顔の女性

一重の人や二重の人、奥二重の人など、人によって目の特徴は異なります。また大きさや形もさまざまで、人によって適した二重整形の治療法も異なります。そのため二重整形を受けるのであれば、「自分の目にはどの治療が合っているのか」を医師にしっかり相談しておくことが大切です。これにより、目元の仕上がりは大きく異なります。
それから、「自分が希望する二重のタイプはどれなのか」も明確にしておかなくてはなりません。二重にはタイプがあり、”奥二重タイプ”と”末広タイプ”、”平行タイプ”に分けることができます。

奥二重とは、場合によって一重に見えたり二重に見えたりするタイプのことをいいます。なぜ場合によって見え方が異なるのかというと、まぶたの奥のほうに二重のラインが見え隠れしているからです。二重の幅が狭く、まぶたに少し厚みがあるため、ラインの上にまぶたが乗っかり一重に見えてしまうのです。しかし、目をこすることでくっきりとしたラインが浮き出てくることがあり、こういったタイプの人は「自分は奥二重である」と見極めることができます。
なかには目頭の部分のみ一重という人もいます。そういった場合だと目頭側と目尻側とで印象が異なるため、基本的にメイクが難しいといわれています。

整形治療を希望する際は、自分が思い描く理想の目元を医師に伝えておく必要があります。その際、多くの人が希望するという目元タイプが”末広タイプ”と”平行タイプ”です。
末広タイプは、目頭側と比べて目尻側のライン幅が広いという特徴があります。日本人にはこのタイプが多く、おっとり知的で優しげな印象を与えることができます。メイクは、派手めなものより控えめなものが似合うタイプといえます。タレ目になりたいと希望するのであれば、「末広タイプにしてほしい」と、医師にしっかり伝えておきましょう。
もちろん、整形治療により、末広タイプから平行タイプなどに変えることも可能です。目尻側のラインが広くなっている理由には蒙古ヒダが関わっているため、目頭切開などにより蒙古ヒダを切ってしまうのもおすすめです。

平行タイプは、目頭側と目尻側のライン幅が一定になっているタイプのことをいいます。欧米には平行タイプの目元をしている人が多いといわれており、メイクなしでも華やかな印象を与えることができます。ハーフ顔に憧れを抱いているのであれば、「平行タイプにしてほしい」と医師に伝えておきましょう。
なお、平行タイプにもライン幅の狭い人と広い人がいるため、希望する際はライン幅も明確に伝えておかなくてはなりません。目元をパッチリさせつつ、上品さもアピールしたいというのであれば、幅の狭いほうの平行タイプが適しているといえます。

整形治療は、費用だけでなく希望の目元のタイプについても考えておく必要があります。なぜなら、希望するタイプによって最適な治療法が変わってくるためです。せっかく高い費用を支払ったにもかかわらず、仕上がりに満足できなければ意味がありません。多少費用負担が増えても、適した治療を選び、その治療を得意とする美容外科を選ぶことが大切です。